用途ヘモプラズマ感染疑い
検査内容猫におけるヘモプラズマ感染症は、ヘモプラズマの赤血球寄生によって引き起こされる病気で、溶血性貧血を主徴とします。 本検査では、従来の血液塗抹標本での鏡検による検出よりも感度・特異性に優れたPCR法を用いることにより、国内で感染が認められる3株
  • Mycoplasma haemofelis(Mhf)
  • Candidatus Mycoplasma haemominutum’(CMhm)
  • Candidatus Mycoplasma turicensis’(CMt)
それぞれについて感染の有無を検査します。
対象全猫種
報告様式「陽性」 「陰性」
材料・検体量 全血 0.2cc
輸送方法冷蔵
検査日数
(営業日換算)
3日
関連する検査

ヘモプラズマ 半定量

検査依頼書はこちら検査のご依頼はこちら