用途尿路上皮癌・前立腺癌の診断補助
検査内容犬の尿路上皮癌および前立腺癌の腫瘍細胞では BRAF 遺伝子の特定領域(コドン595)に高率で点突然変異(V595E)を有します。犬BRAF遺伝子変異検査は、この変異の有無を検査します。したがって本変異が検出されれば、尿路上皮癌または前立腺癌であるとの診断を支持する証拠の一つとなりえます。
なお、本検査はリアルタイムPCR法にておこないます。6~7割程度の症例でBRAF遺伝子の変異(V595E)が見られます。
対象全犬種
報告様式「陰性(変異を確認せず)」
「陽性(変異あり)」
材料・検体量尿沈査-
輸送方法冷蔵
検査日数
(営業日換算)
4日
関連する検査

検査依頼書はこちら 検査のご依頼はこちら