用途メシル酸イマチニブ(グリベック)、リン酸トセラニブ(パラディア)の効果予測
検査内容
犬c-KIT遺伝子変異検査では以下の変異について検査いたします。
(a)Exon 8 ITD
(b)Exon 9 c.1523A>T
(c)Exon 11 ITD
(d)Exon 11 c.1664_1669del
(e)Exon 11 c.1667_1672del
(f)Exon 11 c.1666_1671del6insCAG
(g)Exon 11 c.1724 T>C
*(a)、(b)、(c)、(e)については、メシル酸イマチニブ(商品名:グリベック)の効果との関連が示されています。
*(d)、(e)、(f)の変異は本検査では互いに区別されません。いずれかの変異の可能性がある場合には 「陽性/Exon 11 del6(ins3)」 として報告します。

猫c-KIT遺伝子変異検査では以下の変異について検査いたします。
(a)Exon 8 ITD
(b)Exon 9 c.1430 G>T
(c)Exon 9 c1517_1518 delinsTT
*上記以外の変異はこの検査で知ることはできません。
*変異が陽性の症例であっても、別のメカニズムにより、イマチニブ抵抗性を獲得することがあります。
対象全犬種
全猫種
報告様式 「陽性」 「陰性」
材料・検体量 FNA、FNBサンプル
病理標本
その他切除病変
FNAサンプルなど:0.3cc
パラフィン切片:厚め(5μm以上)に薄切したもの数枚をスライドグラスに張り付けてください。
輸送方法冷蔵 (病理標本は室温でも可)
検査日数
(営業日換算)
4日
関連する検査
c-KIT遺伝子変異検査をもっと詳しく

検査依頼書はこちら検査のご依頼はこちら