用途カリシウイルス感染疑い
検査内容ネコカリシウイルス(FCV)は主に風邪の症状(咳、くしゃみ、発熱)を引き起こすウイルスですが、ものが食べられなくなるほどの痛みを伴う、口の中や口角部の腫瘍(難治性口内炎)の原因となっていることも知られています。
患部におけるFCVの有無が確認できれば、治療方針を決定する際の参考となります。
遺伝子検査にて高感度で、患部ぬぐい液中のウイルスの有無を検査します。
対象全猫種
報告様式「陽性」 「陰性」
材料・検体量 粘膜(咽頭/結膜)スワブ
輸送方法冷蔵
検査日数
(営業日換算)
10日
関連する検査

ネコヘルペスウイルス(FHV-1)

検査依頼書はこちら検査のご依頼はこちら