用途1.繁殖時の検査
2.中枢神経障害
検査内容β-ガラクトシダーゼ活性の遺伝的な異常により、脳を始め全身の臓器に異常をきたすライソゾーム病です。本検査では柴犬の症例におけるGLB1遺伝子の既知変異の有無を検査します。

参考文献:
Yamato O, Kobayashi A, Satoh H, et al. J Vet Diagn Invest. 2004;16(4):299-304.
対象柴犬
報告様式「+/+(正常型)」
「+/-(正常型と変異型のヘテロ接合体)」
「-/-(変異型のホモ接合体)」
材料・検体量 全血 0.2cc
輸送方法冷蔵
検査日数
(営業日換算)
4日
関連する検査

GM2(GM2-ガングリオシドーシス)

技術情報(遺伝子型や報告解釈について) 技術情報(遺伝子型や報告解釈について)

検査依頼書はこちら検査のご依頼はこちら