用途従来のクローン性解析でクローン性が検出されず 「陰性」との結果がでた場合の追加検査
検査内容リンパ系の腫瘍が疑われる症例において、従来のクローン性解析でクローン性が検出されず 「陰性」との結果がでた場合、主に
  1. non T non B型であることなどを原因とする偽陰性による
  2. リンパ系腫瘍ではないことを意味する
の2つの可能性が残り、両者の区別ができないという問題がありました。
このような場合、本検査を追加実施することで、病変が「腫瘍性増殖」であることを証明できることがあります。
対象全犬種
報告様式「陽性」 「陰性」
材料・検体量
 腫瘍部位と正常部位の2検体が必要です。
<腫瘍部位>
 FNA、FNBサンプル
 病理標本
 その他切除病変
<正常部位>
 口腔粘膜スワブ  (推奨)
 全血(腫瘍を含まないもの)
FNAサンプル、全血など:0.3cc
輸送方法冷蔵 (病理標本は室温でも可)
検査日数
(営業日換算)
10日
関連する検査

リンパ球クローン性解析

*本検査は犬リンパ系腫瘍クローン性解析の追加オプションです。クローン性解析実施後にご利用を検討されることをお奨めします。

*ご利用に際しましては技術情報の留意点を必ずご確認ください。

技術情報 技術情報  検査結果報告書の見方 検査結果報告書の見方

検査依頼書はこちら検査のご依頼はこちら