用途犬の中皮腫の悪性度判定。
検査内容中皮腫の診断では、形態学的検査において中皮細胞の反応性過形成との鑑別に困難が伴うケースがあります。ゲノム不安定性は犬の中皮腫においても確認されており、中皮腫診断の際のエビデンスの一つとなります。

中皮腫と中皮細胞の過形成との鑑別に犬中皮腫マイクロサテライト解析を活用

対象全犬種
報告様式「陽性」 「陰性」
材料・検体量
 腫瘍部位と正常部位の2検体が必要です。
<腫瘍部位>
 胸水
 その他切除病変
<正常部位>
 口腔粘膜スワブ (推奨)
 全血(腫瘍を含まないもの)
FNAサンプル、全血など:0.3cc
輸送方法冷蔵 (病理標本は室温でも可)
検査日数
(営業日換算)
10日
関連する検査

犬リンパ系腫瘍マイクロサテライト解析

犬乳腺腫瘍マイクロサテライト解析

マイクロサテライト解析は中皮腫以外の腫瘍においても変異を示す可能性があります。ある被験組織においてゲノム不安定性が確認されれば、腫瘍性であることの強い証拠となり、診断に役立ちます。検査項目以外の腫瘍のマイクロサテライト解析については研究検査として割引料金にてお受けしています。詳しくはお問い合わせください。

犬乳腺腫瘍マイクロサテライト解析 検査依頼書はこちら犬乳腺腫瘍マイクロサテライト解析 検査のご依頼はこちら