用途1.遺伝子改変(ノックアウト、ノックイン、トランスジェニックなどの)マウスの繁殖に伴う遺伝子型特定
2.遺伝子ターゲティング
3.CRISPR/Cas法での組み換えに伴うポジティブクローンのスクリーニングで生じる大量のジェノタイピング

こんなことでお困りではないでしょうか?
 ・マウスの系統が多いが、自分で管理しなければならなくなった
 ・テーマを担当していた院生が就職していなくなった
 ・検査を繰り返しているうちにネガコンでシグナルが出るようになってしまった(コンタミ?)
検査内容遺伝子改変マウス、細胞クローンなどのPCRによる遺伝子型判定をおこないます。
対象マウス
報告様式
材料・検体量 耳カット、耳パンチ、尾、細胞など 5mm角
輸送方法冷蔵
検査日数
(営業日換算)
4日
関連する検査