用途1.繁殖時の検査
2.視力異常
検査内容進行性網膜萎縮症(PRA)は網膜が変性・委縮する病気で、遺伝的要因の影響を大きく受けます。夜盲症の症状に始まり、徐々に進行し、最終的には失明に至ります。
発症時期などによって複数のタイプに分類され、原因となる遺伝子変異も異なります。本検査では犬種ごとに異なる変異部分を検査します。 本検査の対象となるPRAの遺伝様式は常染色体劣性で、検査によって罹患犬の確定診断やキャリア犬の検出が可能です。

*当検査で陰性(ノーマルクリアまたはキャリア)と判定されても、あらゆる眼疾患の可能性を排除するものではありません。可能性を排除できるのは検査対象の遺伝子が関与するPRAの発症についてです。特にトイ・プードル、ミニチュア・プードルの場合は、他のPRAの原因遺伝子の存在が指摘されていますが、残念ながら日本におけるその関与の程度は不明です。

*パピヨンの場合「PRA+VWD」のセット検査もございます。
対象トイ・プードル
ミニチュア・プードル
ゴールデン・レトリバー
ラブラドール・レトリバー
アメリカン・コッカー・スパニエル
イングリッシュ・コッカー・スパニエル
オーストラリアン・シェパード
ミニチュア・LH・ダックス
チワワ
ヨークシャー・テリア
パピヨン
ウェルシュ・コーギー・ガーディガン
報告様式「クリア」 「キャリア」 「アフェクテッド」
材料・検体量 全血 0.2cc
輸送方法冷蔵
検査日数
(営業日換算)
4日
関連する検査

VWD(フォンウィルブランド病)

技術情報(遺伝子型や報告解釈について) 技術情報(遺伝子型や報告解釈について)
検査依頼書はこちら
検査のご依頼はこちら