用途1.繁殖時の検査
2.神経症状
検査内容セロイドリポフスチン(CL)症は、ライソソーム内の分解酵素の遺伝的な異常により、セロイドやリポフスチンなどの脂質酸化物が細胞内に過剰に蓄積し、神経細胞が侵される病気です。
遺伝様式は常染色体劣性で、本遺伝子検査により罹患犬の確定診断やキャリア犬の検出が可能です。

*ボーダー・コリーにつきましては などのセット検査がございます。
対象ボーダー・コリー
報告様式「クリア」 「キャリア」 「アフェクテッド」
材料・検体量 全血 0.2cc
輸送方法冷蔵
検査日数
(営業日換算)
4日
関連する検査

CEA(コリーアイ)

IGS(コバラミン吸収不良症)

MDR1

TNS(遺伝性好中球減少症)

技術情報(遺伝子型や報告解釈について) 技術情報(遺伝子型や報告解釈について)

検査依頼書はこちら検査のご依頼はこちら